FC2ブログ

館主しろたの部屋 妖怪館HP

Blog館主しろたの部屋 HP妖怪館の制作日記 妖怪ネタ・その他日常的なことも コメント歓迎

Entries

江戸博で江戸の奇才絵師の妖怪絵を見てきました!

奇才12W1000
コロナ自粛明けに江戸博でやってた特別展行ってきましたよ~。

江戸時代に従来の常識を打ち破り、斬新な個性で新しい芸術を生み出した江戸絵師の作品の特別展です。
なので、当然ながら妖怪絵や地獄絵も展示されます!!

やっぱり江戸に描かれた妖怪は、躍動感あふれて表情も生き生きしてますよね。
地獄絵は逆になりますが、死とは異なる生命を感じます。

平安時代の鬼は死への恐怖・畏怖ですが、それとは違う生における非日常を求め、それを体現している。
妖怪絵に関しては、全体的にそんな感想を持ちました(雑かよ。


あと、葛飾北斎の「弘法大師修法図」というのが凄く気になりました。
西新井の伝承を描いたもので、
疫病の鬼を弘法大師が退散させる様子なのですが、犬がキノコの生えた木に絡まっていたんです。

なんじゃこれ?と気になったのでググってみたら(すぐに調べられて便利ですね)、
ブログ「美的なるものを求めて Pursuit For Eternal Beauty」(撮影した写真アリ)に書かれていました!

> 暗い夜空に細い三日月(新月寸前の月)、暗黒の闇夜が迫る中、疫病が蔓延し流行った時代に、弘法大師の必死の祈祷と祈りにより、邪鬼を十二神将の一人、伐折羅大将(金剛力士である仁王)の化身として現れた犬が、疫病で倒れた人々を例えた木に寄せつけまいと闘っているワンシーン。

犬だけに…ワンシーン!!!!

いやそれは置いといて、犬はなんと十二神将の伐折羅大将で、木が疫病で倒れた人々だったとは…!!
人に絡みついて鬼から必死に守ろうと戦っている図だったんですね。ムネアツ…。

展示リストによると所蔵者が東京の「西新井大師 總持寺(そうじじ)」らしいなので、お寺で一般公開してたら見れますね!

意味が分かったので、改めてもう一度見たいところですが。


江戸奇才編集049W1000
常設展も行きたかった><、、。
スポンサーサイト



コメント歓迎 何でもどうぞ

あいあい 

教えてくれてありがとうございます!
雪風さんは行けなくて残念でしたね><、、
  • posted by しろた 
  • URL 
  • 2020.06/23 05:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

奇才 

行けて良かったです。
私、近く通ったけど時間切れで
  • posted by 雪風 
  • URL 
  • 2020.06/22 21:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメント入力欄

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

お気に召したらボタンを押してね

たまにおかしくなるつぶやき

フォローしたければすればぁ?

妖怪よろずノ掲示板

自己紹介

しろた

日記書いてる人:しろた ※詳細ページ開く
 善悪にとらわれず、ありのままを受け入れる日本人に根付く信仰が大好きです。
 妖怪を通じて、そんな思いを色々な人と共有したくて、妖怪館HPを中心に活動しています。(大したことしてないけど(汗

 どうぞ、よろしくお願いしますヽ(゜▽゜)ノ

妖怪ブロとも
 うぇるかむヽ(゜▽゜)ノ

右サイドメニュー

ランダム妖怪辞典

最新記事

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索してみる