FC2ブログ

館主しろたの部屋 妖怪館HP

Blog館主しろたの部屋 HP妖怪館の制作日記 妖怪ネタ・その他日常的なことも コメント歓迎

Entries

浅草・弾左衛門の史跡を辿るフィールドワーク

 またまたNCC(日本キリスト教議会)様主催のセミナーに行って来ました。
 容赦ない雨が降りしきる中!(雨に濡れた紫陽花、綺麗でした)

 今度はなんと!浅草・弾左衛門の史跡めぐりですよ!
PA120092_2019061521002741b.jpg弾左衛門が自邸に勧請したという白山神社を合祀した、今戸神社境内の招き猫(別の日に撮影)

 被差別部落問題について調べ始めた理由は、

「江戸時代に水害から守るために河川の工事を手伝ったというかっぱ寺の河童の正体が、穢多・非人と呼ばれる人々だったのではないか。」

と聞いたからでした。

 弾左衛門は江戸時代、賎民として位置づけられて来た人々の頭・長吏頭だった人物。

つまり、妖怪館にとっては核心に迫る内容なんです!!

 牛鬼が浅草寺から逃げたという牛嶋神社のお話まで聞けちゃいました。
 知りたかった事がたくさん聞けました。本当に有り難い(ノД`)。もう勢いで、クリスチャンになっちゃおうかなって思うくらいです。

 セミナーの趣旨としては、近世(徳川幕府の時代)の差別を受けていた人々は、紙くずを集め整え再生紙(浅草紙)にしたり、お仕置きと御用という警察的な役をし、当時の社会にとってなくてはならない重要な役割を果たしていた。また、河原ノ者が行っていたと殺も皮革も、大和朝廷の時代から戦国時代にかけて武具の生産で必要不可欠であった。
 そういった被差別部落の祖先となる人々のその社会的貢献を学ぶことで、偏見を無くしていこう…という取り組みだと思います。

 そういえばよく、「江戸の町はインフラが整備されてて清潔でキレイ!凄い!」なんて聞きますね。
 しかしそれは、そういった人たちの支えがあったからこそだと思うと、胸に迫るものがあります。(ただし一切触ていない)

 いつもはもっとこと細かくブログに書いているけど、図書館などで調べた内容と一緒に纏めて本編(道中記)に載せようかなって思います\(゜▽゜)/。
スポンサーサイト

コメント歓迎 何でもどうぞ

雪風さんへ 

 情報有難うございます!

 伊奈忠次は初めて聞きます。

 今回のセミナーでも他書籍でも、見かけてないですね。(見落としてなければw)
 でも、江戸の治水工事の中心人物ということであれば、河原者や弾左衛門と何か接点があったかも知れませんね。
 皮革の仕事に水は不可欠で、それが理由で川辺で生活をしていたとのことなので。

 ちょっと気にしてみたいと思います^^。

雪風 

江戸の繁栄は、伊奈忠次によるものが大きいです。
今も伊奈町という地名に残っている家老です。
治水により農民の暮らしを改善しました。
  • posted by 名も無き妖怪さん 
  • URL 
  • 2019.06/24 22:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメント入力欄

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

お気に召したらボタンを押してね

たまにおかしくなるつぶやき

フォローしたければすればぁ?

妖怪よろずノ掲示板

自己紹介

しろた

日記書いてる人:しろた ※詳細ページ開く
 善悪にとらわれず、ありのままを受け入れる日本人に根付く信仰が大好きです。
 妖怪を通じて、そんな思いを色々な人と共有したくて、妖怪館HPを中心に活動しています。(大したことしてないけど(汗

 どうぞ、よろしくお願いしますヽ(゜▽゜)ノ

妖怪ブロとも
 うぇるかむヽ(゜▽゜)ノ

右サイドメニュー

ランダム妖怪辞典

最新記事

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索してみる