FC2ブログ

館主しろたの部屋 妖怪館HP

Blog館主しろたの部屋 HP妖怪館の制作日記 妖怪ネタ・その他日常的なことも コメント歓迎

Entries

新橋のからすの森

道中記の調べ物で新橋のうろうろしていたら烏森神社にたどり着いた。
そしてなんと!

烏50H1000
夏越の大祓やってるじゃないの!!

そう。道中記で牛鬼のこと調べている時からずっと気になっていた。

なんでかっていうと、夏越の大祓は祝詞を唱えながら茅の輪をくぐり、疫病や罪穢れを祓い健康を祈願する神事らしい。
この「茅の輪」っていうのは、浅草の牛鬼とゆかりのある牛頭天王(素戔嗚尊と同一とされている)が、武塔神と名乗って蘇民将来に授けた茅の輪のことに間違いないからだー!ババーン

やっと!やっと体験出来るーーーー!!!ウヒョー
とテンション上がりまくりであった(照。
(いや。結構都内の色々な神社で行っているんだけどw)

う~ん。
こんなにワクワクして茅の輪くぐるの、自分だけだろうなぁ。
一人でふらっと立ち寄ったのだが、ちょっと異様な様子だったかも知れない(;|| ̄▽ ̄)。
烏51H1000

それで、神社の縁起を見てみる。

祭神は倉稲魂命(うまみのたまのみこと)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)。
ふむふむ。「平安時代天慶3年(約1千年前)に平将門が東国で叛乱を起こしたとき 征?将軍藤原秀郷が当社に戦勝を祈願したとも このとき勧請したとも伝えられている。…」

?!!

平将門が東国で・・・叛乱を起こしたとき・・・・

神田明神へ毎年初詣をし、近くによる事があれば首塚に必ず立ち寄る将門ファンだというのに、茅の輪くぐりにはしゃいで気付かず参拝してしまった…!!!やってもうた。
まぁ。参拝してしまったのだから、仕方がないよね。ふふふ。
偶然見つけたのは縁があってのことだし。

そういえば烏森神社の名前の由来については触れられていなかった。地名から取られたのかな。
平貞盛が将門の叛乱を鎮圧する際に、「空から舞い降りてきた八咫烏から小烏丸の名の太刀を賜った」っていう伝説があるみただけど。

平家は烏と縁が深く、勝利の象徴なのか。もしくは烏森の由来もこの伝説にあるのか。よく分からなかった^^;。

烏56w1000
あと新橋烏森通りの烏がムチャクチャでかい。
小は付けど、昔は上や大を意味する言葉に小をわざわざ当てていたからかも知れない(元ネタアリ)。

あ。それと皇居の中、竹とか綺麗でしたー!
皇居32H1000
皇居33W1000
皇居25H1000

烏もいた
皇居11W1000
スポンサーサイト

コメント歓迎 何でもどうぞ

コメント入力欄

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

お気に召したらボタンを押してね

たまにおかしくなるつぶやき

フォローしたければすればぁ?

妖怪よろずノ掲示板

自己紹介

しろた

日記書いてる人:しろた ※詳細ページ開く
 善悪にとらわれず、ありのままを受け入れる日本人に根付く信仰が大好きです。
 妖怪を通じて、そんな思いを色々な人と共有したくて、妖怪館HPを中心に活動しています。(大したことしてないけど(汗

 どうぞ、よろしくお願いしますヽ(゜▽゜)ノ

妖怪ブロとも
 うぇるかむヽ(゜▽゜)ノ

右サイドメニュー

ランダム妖怪辞典

最新記事

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索してみる