館主しろたの部屋 妖怪館HP

Blog館主しろたの部屋 HP妖怪館の制作日記 妖怪ネタ・その他日常的なことも コメント歓迎

Entries

谷中の目目展行って来た 夏の妖怪イベント

「あの妖怪、なんて言ったかな、あの、目が---」
(目目展案内より)

 土曜日に谷中のカフェギャラリー「幻」で開催中の目目展に行ってきた。
目目展4


 妖怪雑貨の販売でご縁が持てた明日さんの展示というのと、古代の神話や昔の言い伝えではない「今、人の中で生きる生きる」妖怪にもちゃんと目を向けてかないとなーって思ったから。

 目目展だけに。こっちから見てやるぞ!といった感じです。(情緒がなくてすみません)


 会場となっているのカフェギャラリー「幻」。
 実は以前1,2回入店を試みたのだが、

毎 回 閉 ま っ て い た!!!。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

 まぁあれだ。
 TVでやってる隠れ家的お店というやつに違いない。

 今回は、日時をしっかりしっかりチェックして侵入成功フフリ。
(侵入?)
目目展1


 中に入ると、薄暗い店内に吉幾三の歌うゲゲゲの鬼太郎テーマが流れ(懐かしい!)、大きめのテーブルが一つにカウンターが数席。オフ会の会場にと思ったが準備が間に合わず一人で来たが、大人数で入れそうもない。

 谷中では席数の少なく作品の展示を行っているアート系カフェをよく見かけるので、珍しくはないと思われる。


 あれ・・・?お店の人は??
 入ったところでキョロキョロしてたが、、、は!!真横のカウンターにいらした!!死角になっていて気付かなかった。ソーリーすみません(;´Д`)。

 見るだけでもOkとの事だったが、せっかく来たんだし喉渇いたしカエルの卵ドリンクを注文した。
目目展2
目目展3
 カエルの卵は意外と甘くてのど越しがよかった。例えるならそう、まるでライチの様な味がした。

 メニューは目目連やお化けのデザートがたくさん。
 食べ物系はお化けしかないっぽいww
 全部注文したいが生活費が底を付くので断念無念。


 肝心の目目展だが、「目」の怪異を中心とした作品が展示されていた。

目目展5
ひときわ存在感を放っていた「障子の向こう」というタイトルの作品。

目目展7
目目展8
目目展9
目目展6


 目目連というのは障子から無数の目が現れ人を脅かす怪異だが、「正体の分からない誰かの視線」というのは時として脅威になりうるのは今の人間社会に通じるところがある。
 そういう意味でも、とても興味深い怪異だなーって思います。


 そうそう。
 こちらのお店の本棚に稲生物怪録や妖怪資料系の本が閲覧自由になっていた。
 なんだここは天国か!?
 やはり昔の言い伝えの妖怪も魅力的で(;*´Д`)。
 
 「また来てください」ってお店の方が言ってくれたし、イベントが終わった後も谷中に来たときにまた立ち寄りたいなと思います。
目目展10


 目目展は終了してしまいましたが、今後も精力的に活動されている妖怪イベントに注目していきたいです、、、ね。(だ、だが時間が取れない(;´Д`)アウアウ)
 出来る限り紹介していけたらと思いますw


 また、写真等、快く承諾頂き有難う御座いました^^。
スポンサーサイト

コメント歓迎 何でもどうぞ

コメント入力欄

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

お気に召したらボタンを押してね

たまにおかしくなるつぶやき

フォローしたければすればぁ?

妖怪よろずノ掲示板

自己紹介

しろた

日記書いてる人:しろた ※詳細ページ開く
 善悪にとらわれず、ありのままを受け入れる日本人に根付く信仰が大好きです。
 妖怪を通じて、そんな思いを色々な人と共有したくて、妖怪館HPを中心に活動しています。(大したことしてないけど(汗

 どうぞ、よろしくお願いしますヽ(゜▽゜)ノ

妖怪ブロとも
 うぇるかむヽ(゜▽゜)ノ

右サイドメニュー

ランダム妖怪辞典

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索してみる