FC2ブログ

館主しろたの部屋 妖怪館HP

Blog館主しろたの部屋 HP妖怪館の制作日記 妖怪ネタ・その他日常的なことも コメント歓迎

Entries

【妖怪館】8月定期チャット会のお知らせ

 なんとか歳旦祭をアップする事が出来ました。
 次はどうしようかなー。歳旦祭も調べたりないところがあるし、他にも気にあることがあるし、悩みます!
 それでは8月の定期チャット会のご案内でーす\(゜▽゜)/。



【日時】 8月31日(金) ※いつでも入退室OK
【お題】 見えない妖怪
鵺 大阪港の紋章
7月は鵺で盛り上がったので、正体がつかめない…のらりくらりな怪異に焦点をあててみるのも、また一興かと思いました。そんな訳で「見えない妖怪」です。 レッサーレッサー\(゜▽゜)/。
スポンサーサイト

妖怪道中記「宮中祭祀と刀剣」こぼれ話

 中々着手できず…久々になってしまいました。妖怪道中記、更新しましたよ~。

妖怪道中記 現代編「宮中祭祀と刀剣」
皇居の外観

 正直、宮中祭祀の歴史を紐解けば戦争と共にあった明治以降の暗黒部分に触れざるを得なかったので、UPして良いものか悩むところがあった。

 たがしかし、今回のテーマは宮中祭祀だけどうちのサイトは日本の祭祀を含めた「妖怪」だし、妖怪を題材にするには歴史的なタブーにも焦点を当てざる得ない所もある。
 それに日本書紀の御ことばには、心打たれるメッセージ性があった。その体現をする神事が「今でも行われている」事実を一人でも多くの日本人に知ってもらいたいという気持ちがわいて、結局公開することにした^^。



さてここでは、いろいろ周った時の写真を貼っていきますよ。

【東京国立博物館(トーハク)】
 古備前友成の他にもたくさんの刀が常時展示されてます。一部ご紹介。

脇差 水心子正秀
blog05_20180729125126e3b.jpg blog06_20180729125128e2d.jpg
解説によると、水心子正秀は新々刀と呼ばれる幕末期の刀のさきがけとなった刀工らしいです。
また、勝海舟が所持していたとも言われています。

太刀 青江次吉(南北朝時代)
blog16.jpg blog08_2018072912553795c.jpg blog09_20180729125538338.jpg

太刀 古備前友成(道中記の写真と別の角度)
blog02_201807291309165dc.jpg blog01.jpg

【刀剣茶寮】

和泉守兼定・堀川国広を目前にしてお昼ご飯を食べました。プレッシャーが半端ないかったです(;´Д`)。
blog24.jpg blog22.jpg blog23.jpg どちらも新撰組 土方歳三の所持していた刀らしいなので、歳三ファンにとってもきっとムネアツですね!
刀剣は入れ替えて展示しているので、拝観の際はお店の公式ページで事前にチェックされると良いです。

そしてこの後、公文館で開催していた幕末展に偶然辿りついてしまうという…(;´Д`)。

「刀剣乱舞 花丸」のコラボメニュー。
blog01_20180729132130680.jpg blog03_20180729132131807.jpg 持参した源氏もち(写真右下)との写メを撮るという娘からのミッションです。
少し恥ずかしかったですが、そんなちっぽけな羞恥心は和泉守兼定のプレッシャーで相殺です。

歳旦祭の刀ではないけど、ちゃんと古備前の流れをくむ長船派のお弁当をチョイスしたよ!

【お堀】
皇居付近のお堀に亀が集まってきて和みました。
blog01_20180729132814912.jpg blog02_2018072913280950b.jpg blog03_2018072913281060c.jpg blog04_20180729132812abe.jpg
縁起がいい。

7月定期チャット会のお知らせ

こんばんわ!しろたです。
母が足の手術のため入院して、お見舞いに行ってきましたよ。
そしたら部屋が変わっていて><、、知らない人ばっかりで凄く焦りました!先に言ってよー!!

そんなこんなで7月の定期チャット会のご案内です。

【日時】
7月27日(金) ※いつでも入退室OK
【場所】
妖怪館内 魑魅のささやき
【お題】
鳥の怪 空の怪
repo1712.jpg

鳥をテーマにしてみたいと思います。
鳥そのもの、鳥の神さまでもおkです。
参加お待ちしております!

新橋のからすの森

道中記の調べ物で新橋のうろうろしていたら烏森神社にたどり着いた。
そしてなんと!

烏50H1000
夏越の大祓やってるじゃないの!!

そう。道中記で牛鬼のこと調べている時からずっと気になっていた。

なんでかっていうと、夏越の大祓は祝詞を唱えながら茅の輪をくぐり、疫病や罪穢れを祓い健康を祈願する神事らしい。
この「茅の輪」っていうのは、浅草の牛鬼とゆかりのある牛頭天王(素戔嗚尊と同一とされている)が、武塔神と名乗って蘇民将来に授けた茅の輪のことに間違いないからだー!ババーン

やっと!やっと体験出来るーーーー!!!ウヒョー
とテンション上がりまくりであった(照。
(いや。結構都内の色々な神社で行っているんだけどw)

う~ん。
こんなにワクワクして茅の輪くぐるの、自分だけだろうなぁ。
一人でふらっと立ち寄ったのだが、ちょっと異様な様子だったかも知れない(;|| ̄▽ ̄)。
烏51H1000

それで、神社の縁起を見てみる。

祭神は倉稲魂命(うまみのたまのみこと)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)。
ふむふむ。「平安時代天慶3年(約1千年前)に平将門が東国で叛乱を起こしたとき 征?将軍藤原秀郷が当社に戦勝を祈願したとも このとき勧請したとも伝えられている。…」

?!!

平将門が東国で・・・叛乱を起こしたとき・・・・

神田明神へ毎年初詣をし、近くによる事があれば首塚に必ず立ち寄る将門ファンだというのに、茅の輪くぐりにはしゃいで気付かず参拝してしまった…!!!やってもうた。
まぁ。参拝してしまったのだから、仕方がないよね。ふふふ。
偶然見つけたのは縁があってのことだし。

そういえば烏森神社の名前の由来については触れられていなかった。地名から取られたのかな。
平貞盛が将門の叛乱を鎮圧する際に、「空から舞い降りてきた八咫烏から小烏丸の名の太刀を賜った」っていう伝説があるみただけど。

平家は烏と縁が深く、勝利の象徴なのか。もしくは烏森の由来もこの伝説にあるのか。よく分からなかった^^;。

烏56w1000
あと新橋烏森通りの烏がムチャクチャでかい。
小は付けど、昔は上や大を意味する言葉に小をわざわざ当てていたからかも知れない(元ネタアリ)。

あ。それと皇居の中、竹とか綺麗でしたー!
皇居32H1000
皇居33W1000
皇居25H1000

烏もいた
皇居11W1000

6月定期チャット会のお知らせ

こんにちわ!
数週間前に横断歩道で派手に転んだ時のひざの怪我がやっと治ってきました。
擦り傷で言っていいのかわからない程深い傷になって、外科のお医者さん探すのも大変だったけど(足痛い中)落ち着いてホント良かったです(;´Д`)。
信号が赤になりそうだから急いで渡ろうとしてつんのめったのですが、余裕を持って行動するの大事です。皆さんも気をつけて!

そんなこんなで6月の定期チャット会のご案内です。



【日時】
6月29日(金) ※いつでも入退室OK
【場所】
妖怪館内 魑魅のささやき
【お題】
付喪神★数のマジック

付喪神の語源の由来とされている「九十九」。100に1が足りない事から年を重ねた古いものを表すといわれています。
「九十九」という数字に神秘的な意味を持つと考えられたからこそ、付喪神となったのでしょう。
と言うわけで、今月のお題は「付喪神・数のマジック★」。
付喪神はもちろん。陰陽道・西洋魔術・数学…この際何でも来いです!思うがままに語りましょう\(゜▽゜)/。

ご案内

お気に召したらボタンを押してね

たまにおかしくなるつぶやき

フォローしたければすればぁ?

妖怪よろずノ掲示板

自己紹介

しろた

日記書いてる人:しろた ※詳細ページ開く
 善悪にとらわれず、ありのままを受け入れる日本人に根付く信仰が大好きです。
 妖怪を通じて、そんな思いを色々な人と共有したくて、妖怪館HPを中心に活動しています。(大したことしてないけど(汗

 どうぞ、よろしくお願いしますヽ(゜▽゜)ノ

妖怪ブロとも
 うぇるかむヽ(゜▽゜)ノ

右サイドメニュー

ランダム妖怪辞典

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索してみる